宝塚駅から宝塚大劇場への行き方・アクセス(徒歩)【地図・写真付き】

スポンサーリンク

注:「車椅子・ベビーカーでエレベータを利用する場合のルート」についても追記しました!

みなさん、こんにちは!

宝塚大好き主婦です!

今回は、宝塚大劇場に初めて行く人のために、宝塚大劇場への行き方・アクセスを解説したいと思います。

この記事では、わかりやすいマップはもちろんのこと、実際に宝塚駅から大劇場まで歩いたときの写真も付けて、バッチリ解説しました。

なので、この記事を読めば、宝塚が初めての人も安心して宝塚大劇場に行くことができますよ!

以下、JR宝塚駅から宝塚大劇場への行き方・アクセスについて説明した後で、阪急宝塚駅から宝塚大劇場への行き方・アクセスを説明します。

それゆえ、阪急宝塚駅から宝塚大劇場への行き方・アクセスを知りたい方は、下の目次の「阪急宝塚駅から宝塚大劇場への行き方・アクセス」の項目をクリックしてくださいね。

また、車椅子・ベビーカーでエレベータを利用する場合のルートについても写真付きで詳しく説明しています。

エレベータを利用される方は、下の目次の「車椅子・ベビーカーでエレベータを利用する場合のルート」の項目をクリックしてください。

スポンサーリンク

JR宝塚駅から宝塚大劇場への行き方・アクセス

上の地図が、JR宝塚駅から宝塚大劇場への徒歩ルートを示した概略マップです。

JR宝塚駅から宝塚大劇場までの距離は約850m。

徒歩11分ほどかかります。

ただし、これは迷わずにスムーズに行けた場合の時間なので、お急ぎの場合は、十分に余裕をもってくださいね。

上のマップから分かるように、JR宝塚駅から宝塚大劇場に行くには、いったん阪急宝塚駅のりばを経由します。

以下、マップの数字❶〜❹の順にJR宝塚駅から阪急宝塚駅のりばへの行き方を説明します。

❶改札口を出て、右の廊下に入る

JR宝塚駅の改札口を出ると、手前にエキマルシェ宝塚が見えます。

「エキ」のロゴと「EKI MARCHE Tarakazuka」の店名が目印です。

次に、右手に出口があるので、右手に進んでください。

エキマルシェ宝塚とJR宝塚駅の切符売り場の間に出口があります。

右手の出口に向かうと、左前方に阪急宝塚駅につながる渡り廊下が見えるので、そちらへ進んでください。

❷渡り廊下をまっすぐ進み、突き当たりを左に曲がる

次に、渡り廊下をまっすぐ進み、突き当たりを左に曲がってください。

❸左に曲がった後、手前の階段を降りる

次に、渡り廊下の突き当たりを左に曲がると階段が見えるので、そこを降りてください。

❹階段を降りた後、右に曲がり、阪急のりばに入る

次に、階段を降りた後、右に曲がり、そのまま手前の入口から阪急のりばに入ってください。

宝塚大劇場へ向かうエスカレータが見えます。

後は、下の「阪急宝塚駅から宝塚大劇場への行き方・アクセス」と同じです。

阪急宝塚駅から宝塚大劇場への行き方・アクセス

次に、「阪急宝塚駅から宝塚大劇場への行き方・アクセス」について解説します。

上の地図が、阪急宝塚駅から宝塚大劇場への徒歩ルートを示した概略マップです。

阪急宝塚駅から宝塚大劇場までの距離は約800m。

徒歩10分ほどかかります。

ただし、これは迷わずにスムーズに行けた場合なので、お急ぎの場合は、十分に余裕をもってくださいね。

以下、マップのルートの番号①〜⑧の順に、順を追って説明していきますね!

①阪急宝塚駅の改札口から出た手前のエスカレータを降りる

阪急宝塚駅の改札口を出ると、手前右側にエスカレータ/階段があるので、ここから下へ降りてください。

②エスカレータを降りた後、右側の出口から広場に出る

エスカレータ/階段を降りると、手前に阪急宝塚が見えます。

ここで、右側の出口から広場に出ることができます。

この広場は「宝塚ゆめ広場」といって、宝塚歌劇のスターの銅像が設置してあるので、記念写真に撮るといいですよ!

また、宝塚ゆめ広場には、たくさんの薔薇が植えてあります。

この薔薇は、名作漫画「ベルサイユのばら」に敬意を表し、原作者・池田理代子氏の監修のもと、フランスのバラ育種会社・メイアン社が作出したバラのシリーズなんですよ!

季節が来たら、素敵なバラを見ることもできるので、宝塚に寄ったら是非、鑑賞してみてください!

③宝塚ゆめ広場から左手のソリオ1の中に入る

宝塚ゆめ広場に出たら、左手のソリオ1の中に入って下さい。

ソリオ1の入口には「SORIO 1 阪急」と書いてあるので、この中をまっすぐ進んでください。

なお、宝塚ゆめ広場に出なくても、上の図のルート②からまっすぐ進んで、阪急宝塚の1階にいったん入った後、右に曲がってソリオ1に行くこともできます。

この場合、阪急宝塚の1階に入ったら、右側の通路からソリオ1に入ってください。

このルートを進めば、雨に濡れることなく、ソリオ1に入ることもできますが、初めて宝塚大劇場へ行かれる方には、宝塚歌劇のスターの銅像やベルサイユのばらのシリーズが鑑賞できる宝塚ゆめ広場へのルートをお勧めします!

④ソリオ1の中の手前の階段・エスカレータを降りる

ソリオ1の中を進むと目の前に階段が現れます。

写真には写っていませんが、階段の右手にエスカレータもあるので、そこから降りることもできます。

⑤ソリオ1の中をまっすぐ進み、手前の出口に出る

階段/エスカレータを降りたら、まっすぐ進んでください。

花の道へ通じる出口が見えてきます。

⑥ソリオ1の出口から左前の信号に向かう

ソリオ1の出口に出たら、横断歩道が見えます。

⑦信号を渡って、花の道に入る

横断歩道を渡ると、花の道に入ります。

この花の道をまっすぐ進んでください。

「花乃みち」と彫られた石碑が目印です!

花の道は歩行者専用道路になっているので、車を気にせず、安心して歩くことができます。

「花の道」というだけあって、花がたくさん植えてありますね。

春には桜が満開でとても綺麗ですよ!

素敵な花ですね!

あと、もう一息ですね!

宝塚大劇場までもうすぐなので、頑張って下さい!

花の道をまっすぐ進んでいくと、階段が見えますが、階段を無視してまっすぐ進んでください。

花の道には、手塚治虫先生の作品のイラストが描かれてあります。

これはリボンの騎士・サファイアと天使のチンクですね。

花の道を歩いて5分ほどすると、右手に宝塚大劇場が見えてきます。

ようやく到着しましたね!

お疲れ様でした!

後は門をくぐってまっすぐ進んでいけば、宝塚大劇場の入口に入ることができます。

宝塚大劇場へようこそ!

じっくり楽しんでいってくださいね!

なお、下のリンクに「宝塚駅から宝塚大劇場へのルート」を示すマップのPDFを用意しておいたので、ダウンロードして印刷してくださいね!

PDF版:宝塚駅から宝塚大劇場へのルート

車椅子・ベビーカーでエレベータを利用する場合のルート

最後に、車椅子・ベビーカーでエレベータを利用する場合のルートについて説明します。

JR宝塚駅から宝塚大劇場まで徒歩で行く場合は、10分弱で行くことができますが、エレベータを利用する場合は、それよりさらに時間がかかるので、十分に余裕をもって行くようにしてくださいね。

JR宝塚駅からエレベータで宝塚ゆめ広場へ向かうルート

まず、JR宝塚駅からエレベータで宝塚ゆめ広場へ向かうルートについて説明します。

上のルート❸において、エスカレータの右側に青い扉のエレベータがあるので、それに乗ってください。

このエレベータで1階から宝塚ゆめ広場へ行くこともできますが、1階まで降りた場合、いったん駅の構外に出なければなりません

暖かい晴れの日はともかく、寒い雨の日に駅の構外に出たくありませんよね。

そこで、ここでは、2階から阪急宝塚駅のりばに入るルートを紹介します。

エレベータ内に入ったら、2階へ降りるボタンを押してください。

エレベータで2階まで降りたら、左手に阪急宝塚駅の改札口が見えます。

ここから先は、下の黄色のラインに沿って進んでください。

左手に曲がると、手前に阪急百貨店が見えるので、そのまま下の黄色のラインに沿って、まっすぐ進んだ後、左に曲がってください。

黄色のラインに沿って左へ曲がると、突き当たり左側にエレベータがあります。

このエレベータに乗ってください。

エレベータに乗ったら、1階へ降りるボタンを押してください。

エレベータで1階に降りたら、右手に宝塚ゆめ広場へ通じる出口が見えるので、そちらへ向かってください。

宝塚ゆめ広場からエレベータで花の道へ向かうルート

次に、宝塚ゆめ広場からエレベータで花の道へ向かうルートについて説明します。

上のルート④において、ソリオ1に入った直後に左手に曲がり、下の細道をまっすぐ進んでください。

すると、左手にエレベータがあります。

このエレベータに乗ったらGのボタンを押して、GF(グラウンドフロア)まで降りてください。

GFまで降りたら、エレベータを出て、右手の入口に向かって進んでください。

入口に入った後、まっすぐ進んでください。

やがてようこそソリオ宝塚へという濃いピンク色の垂れ幕が向こうに見えてくるので、そちらへ向かってまっすぐ進んでください。

すると、奥のほうに花の道へ通じる出口が見えてきます。

あとは、上で説明した「阪急宝塚駅から宝塚大劇場への行き方・アクセス」のルート⑤以降のルートとまったく同じルートを進んでいけば、宝塚大劇場へ行くことができます。

というわけで、宝塚大劇場でじっくり楽しんでいってくださいね!

以上、宝塚大好き主婦でした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする