神崎レディースクリニックの強烈な助産師さん

スポンサーリンク
こんばんは
私は7月に神崎レディースクリニックで息子を出産していますが、未だに
強烈すぎて忘れられない助産師さんがいます。
私は出産は割とスムーズにいったものの、授乳がうまくいかず
しょっちゅうナースコールをならして看護師さんや助産師さんを呼んでは
授乳のやり方を教えてもらっていました。
乳首が短いと言われたので乳首にプラスチックの乳首をつけて
授乳していたので息子に飲ませにくかったのです。
(相当迷惑な奴だと思われてたはず)
入院して3日目のときのこと。
いつものように授乳がうまくいかず
ナースコールを押すと
「今忙しいからあんたが下りてこい」
と言われ、息子を連れて降りていきました。
その助産師さんは私の顔を見るなり
「もう三日もいるのになんでちゃんと飲ませられないの?
あなたちゃんと学校行って働いた経験あるの?」
と言われました(涙)
「今8時10分で、5分飲ませるから何時まで飲ませればいいか分かる?」
と言われ
「8時15分です。」
と答え
「そうだね」
といういかにも馬鹿にしているやりとりがあった後
実際に息子に授乳している姿を見てもらうと
助産師さんが
「がんばれ、がんばれ」
と言うので
私が
「がんばれ」
と言うと
助産師さんに
「何言ってんの? あなたに頑張れって言ってるのよ」
と言われました
こんな感じでさんざん馬鹿にされ、コケにされたものの
肝心の授乳の教え方はどの助産師さんよりも下手で分かりにくかったです。
まぁ、私の物覚えが悪いので仕方がないのですが
たとえ心の中で馬鹿かコイツと思っていても
それを態度に出すような人がよく助産師をやってるなぁという感じです。
他の助産師さんはいい人でしたが、その人だけ最悪でした

神崎レディースクリニックでは乳首にプラスチックのものをつけるよう
勧められましたが、
西宮北口の桶谷母乳外来では
「プラスチックの乳首は必要ないよ」
と言われ、飲ませ方を丁寧に教えてもらったので
たった数分で今までの苦労が嘘のように飲ませることができました
もし桶谷母乳外来に行っていなかったら未だにプラスチックの乳首を
つけたままやりにくい授乳を何か月も続けていたので
本当に行って良かったです!!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする