陣痛タクシー(フクユタクシー)の利用までの流れ

スポンサーリンク
こんにちは
以前、陣痛タクシーについて紹介しましたが、
フクユタクシーからメールがあり、実際に陣痛がおきたときの

連絡方法などの内容だったのでご紹介します。

陣痛タクシー.jpg

フクユタクシーとは?
伊丹市、宝塚市を中心としたタクシー会社です。
陣痛タクシーを利用できます。
産前の妊婦が事前にフクユタクシーのHPの登録フォームに
名前
住所
電話番号
産院名
予定日
を、登録します。

実際に陣痛が始まったら・・・

① 掛りつけの産院に電話を行い 病院に来るように指示を受けたら
   タクシー移動が可能かどうか 確認して下する。
   * 急を要する場合は、救急車での移動が賢明です *
② 電話を通知状態で フクユタクシーに電話する。
   * 万一 破水等がある場合は、電話で知らせる *
③ 乗務員は、自宅の部屋まで迎えにきてくれるので、 破水などをしている場合は
   バスタオル等を預けることができ、 乗務員がシートを養生します。

このような流れになるようです。
陣痛が始まったらまずタクシーを呼んでしまいそうですが、必ず掛かりつけの産院に
確認をとってからタクシーに電話をするんですねー
陣痛や破水が起こったらパニックになって正常な判断が出来なくなりそうなので
覚えておきたいと思います(*_*;

フクユタクシー HP
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする